FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEICスコアアップ勉強法?

先日の日記にたづなさんより、英語の勉強法の質問を頂きました。もしかしたら他の方のお役にも立てるかもと思い、せっかくなので記事としてアップすることにしました。

私は大学1年の時に初めてTOEICを受験しました。この時は今ほどTOEICが世間に浸透していなかったように感じます。私も「へ~、こんな資格があるんだ。受けてみるか」という程度でした。公式問題集は購入しましたが、試験内容の確認(PART1が写真で、PART2が会話で…という確認)のみで、問題は解かずに試験に挑みました。結果470点。一般的に言えば十分なスコアかもしれませんが、外語大に通っていた私としてはかなり情けないスコアでした。外大生ですから、就職活動をする頃までにはそこそこ(800点前後は必要と言われていました)のスコアは欲しいものの、「TOEICの教材」に興味を持てなかったので、英語力の底上げをしつつスコアアップを目指そうということにしました。

TOEIC初回受験470点から、去年6月の905点まで、勉強内容の基本は変えてません。というかあまりTOEICに特化した勉強をしていません。公式問題集も旧バージョンを1回、新バージョンを1回しか解いたことがありません。

ということで以下にTOEICに即した英語の勉強方法を書いていきますが、400~600点前後の方の英語力全般の底上げテクと思って読んでいただければと思います。あくまで英語の勉強方法ですので、スコアアップのテクニックは期待しないで下さい。

<リスニングパート>
聞けば聞くだけリスニング力は上がります。漠然と量を聞けばいいということではありませんが、とにかく大量に聞くことで英語のリズムに抵抗がなくなると思います。聞くのはTOEICの教材でもいいとは思うのですが、多聴に関してはTOEICの教材のようにスピーカーが原稿を読み上げているようなものよりも、ニュースや映画・ドラマなど、自然な会話&スピードに近いものの方が良いと思います。ニュースであれば、CNN EE等の月刊誌(原稿もついているのでお勧めです)や海外のニュースサイト(CNN、BBCなど)。見た事のある好きな英語の映画やドラマなどなら、ストーリーを知っているので英語のみで見ても入っていきやすいと思います。一時期、休日で家にいる日は、朝起きてから寝るまで、ずっと映画のビデオを英語音声でリピート再生し続け、セリフを覚えてしまったこともあります。

多聴と同時に絶対お勧めなのがディクテーションです。手元にTOEICの昔のスコアがないので細かくは覚えていないのですが、ここまで10年間TOEICを受けてきて、何度か停滞した時期がありました。そのたびにリスニングの基礎力見直しとしてディクテーションを集中的に行いました。初回470点を取った後、集中的にディクテーションをし、3ヶ月後くらいに受けたTOEICでは確かトータルで100点以上上がったように記憶しています。ディクテーションの教材は、多聴でお勧めしたニュースや映画などの自然な英語よりも、TOEIC教材やラジオ講座などのややゆっくり・言い間違い等のない音源がお勧めです。冠詞(a/the)や単複などにもこだわって下さい。文法にも気を配って下さい。例えばI’d ~と聞こえた場合、この「'd」はwouldの略なのかhadの略なのか。後ろに原形が来ればwould、過去分詞が来ればhadですよね。こんな簡単な文法事項も、リスニング中って結構忘れてしまうんです。ここまで細かく気にしなくてもTOEICのリスニングには問題ないですが、ここまで気にすることでスコアアップのテクニックだけでなく、英語力の見直し、基礎力アップができます。

<リーディングパート>
長文問題に関してはやはり多読がお勧めです。私は高校生くらいから洋書を読んでいましたが、最初のうちは知らない単語が出てくるといちいち辞書を引き、いちいちノートに書き写していました。そのおかげで全く進まない…。せっかく辞書引いても、見直さなければ単語も覚えられない。高校生のころは短いものばかり読んでいたのでそれでもよかったのですが、大学に入って、Harry Potterシリーズを始め長編小説を読むようになると、辞書引きが面倒になってきました。Harryの1巻目は最初から最後まで辞書を引きつつ読みました。そしてとんでもなく時間がかかりました。なので2巻目からはどうしても意味が予想できず、しかも重要そうな単語以外はスルーすることにしました。スルーしてもストーリーの大筋は理解できますし、読むスピードは格段に早くなりました。TOEICでも、時間が足りずに最後まで解けないということはなくなりました。わからない単語ばかりだし、、、と洋書に手を出すのをためらっている方も、一度手に取ってみてください。児童書でも良いと思います。意外と読めるものですよ!

単語に関しても、実は辞書を引かずに読んでいる多読が役に立ちました。辞書を引かないので、「こんな意味かな」と予想で読み進めます。そして何度か同じ単語に出くわすと、「あ、この単語重要かもしれない」と思い辞書を引きます。自分の予想してた意味が合っていても合っていなくても、そうして調べた単語は印象に残ります。なので、大学受験の時に受験必須単語を覚えた以降、語彙本に手を出さずにTOEIC900超えを達成しました。今DUOに手を付けているのは、900を超えたからこそ、語彙問題での取りこぼしを防ぎたいためです。今まで単語を覚えるという努力をあまりしたことがないので、今とても苦労しています。なかなか効果的な勉強法が見つかっていないので、いろいろ試しながら、いいなと思う方法が見つかったらまた記事に乗せたいと思います。

文法問題ですが、こればかりはTOEIC対策本を使いました。というのも旧TOEICのPART5(穴埋め)とPART6(間違い探し)、新TOEICのPART5(穴埋め)でいつも大量に落としていたからです。この文法・語彙パートに特化した問題集を購入し、正解した問題も間違った問題も、解説を熟読しました。語彙に関しては予想は無理ですが、文法問題に関してはパターンがありますので、繰り返し説き、解説を読むことで、パターンを身につけました。人に説明できるくらいまで解説を熟読しました。実際、学生時代は別の大学に通う友人に英語を教えていましたし、就職後も、自分の部署の人対象に、自分で教材を作りTOEIC講座を隔週で開いていました。人に説明するのは、自分の理解度を測るのに役立ちました。

よく日本の英語教育は文法・語彙に偏っていて良くない、もっとアウトプットに力を入れるべきだと言いますね。私ももちろんこれには賛成なんですが、だからと言って文法をないがしろにしていいということではないと思うんです。会社員時代に通っていた通訳翻訳養成学校の先生が「文法は武器。英語を聞き取る時、文法力が助けてくれる。文法の勉強を忘れるな。」と言っていました。上で書いたように、I’dがwouldなのかhadなのか、意味を考えると大きな違いです。通訳する時にここを取り違えたら大変な誤訳です。基礎となる文法力があって初めて読めるようになるし、聞けるようになると思います。中学生向けでも高校生向けでもかまいませんので、本屋で自分の読みやすい文法書を見つけて、1冊じっくり解いてみることをお勧めします。私が今やっているGIUもお勧めですが、全編英語ですので、TOEICで言ったら600点以上くらいで取り掛かるのがいいかなと思います。

私はTOEICで900をやっと超えたレベルですので、まだまだ英語素人だと思っています。900点以上を目指す方や、今まで英語の勉強にじっくりと取り組まれてきた方には、今回の記事に目新しい情報はないと思いますが、英語の勉強を始めたばかりの方、TOEICを受け始めた方、TOEICでいいスコアを取りたいけど、英語力自体も伸ばしたいという方に少しでもお役に立てる部分があればうれしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 【TOEIC】
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

Secre

No title

Ricoさん、TOEIC対策の力作記事ありがとうございます。
文法は、やはり大切ですね。

試験は実力を発揮できましたか?
コストコまで気を付けて運転してきて下さいね。

Nemoさん

長すぎですよね。
思いつくままだ~っと書いて更新してから「うわっ、長っ・・・」と気付きました。
確かに文法なんて多少間違ってても通じるんですが、やっぱりそれって本物の英語ではないですよね。どうせやるなら本物を目指したいですよね!でもいつになることやら…

試験はAnatomyは厳しそうですが、Botanyはそこそこ行けたかなと思います。というのも授業時間以外の自分の都合のいい時に試験を受けるのですが、先に試験を受けたクラスメートが、「○○が出たよ~」と数個ポイントを教えてくれたんです!彼に感謝です!
カンニング?って感じですが、私も前のテストの時他のクラスメートに教えたりしましたし、みんな持ちつ持たれつ、助け合ってる感じです。

No title

Ricoさんが言いたい意味、凄く良く分かります!!
実は英文法って凄く大切なんですよね。
個人的には文法は英語の骨組みだと思います。
文法と言う骨組みに単語をあてはめて、
会話したり、英文を書いたりしますからねe-149
留学していた時、「文法って大切」と痛感しましたe-258

後、Ricoさんが時間を割いて書いてくれた勉強方法、
ばっちり手帳にメモしました。参考にしますe-415

ありがとうございます

 こんなに長文で丁寧に書いてくださり、本当にありがとうございます!
 やはり、ディクテーションが効果的なんですね~。
 いつも、大体スクリプトは、音読、リピーティング、シャドーイングで終わらせていて、ディクテーションは、あまり手をつけていませんでした><。

 基本的な文法と読解をおさらいしたら、NHKのテキストを使ってみようと思います

 そして、「多読」。

 今、読解のおさらい(精読)を行っているので、並行して平易な本から取り組んでいこうと思います。

 今の学習に早速取り入れてみます。

 「英語の底力UPテク!」

 本当に役立ちました。ありがとうございます!

 海外での学生生活は、大変かもしれませんがお体御自愛ください。

 また、訪問させて頂きます!

はるさん

やっぱり文法は大事ですよね!
骨組みがしっかりしてないと応用もできないんですよね。

わ!手帳にメモまでしてただいたんですね!?
少しでも参考にしていただけたならうれしいです!

たづなさん

ディクテーションは効果的です。
私も音・スクリプトがあるものは基本的にすべて音読・リピーティングはします。ディクテーションまでいつもやってると結構時間かかってしまうんですが、たまに集中的にやると効きますよ!

洋書はまず簡単なものから手を出すのが良いと思います。分からなくていらいらして辞めてしまったらもったいないですから。大きな本屋の洋書コーナーなら単語レベル別の児童書なんかがありますから、いいと思いますよ!

では、また何かありましたらいつでもご連絡下さいね!
プロフィール

Rico

Author:Rico
東京生まれ 女性
現在アメリカ ニューヨーク州在住

英語を勉強されている方、留学に興味のある方、
コメント頂けると嬉しいです♪
一緒に脱カタコトを目指しましょう!

<取得英語資格>
英検2級(高校生の時にとりました。古…)
商業英語検定Cクラス(2001年)
TOEFL iBT 73(2006年12月)
TOEFL PBT 603(2010年5月)
***ここ最近のTOEIC***
129回(07/3/25) L450 R425 T875
130回(07/5/27) L440 R420 T860
131回(07/6/24) L455 R440 T895
139回(08/6/29) L460 R445 T905
147回(09/6/28) L495 R445 T940
148回(09/7/26) L495 R440 T935
155回(10/6/27) L495 R475 T970
156回(10/7/25) L495 R460 T955
S/W(09/8/9) S170 W190
初受検は1998年で470点くらい
L/R & S/W ともに満点目指します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Tree-Arcive
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。