スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第156回TOEIC結果

発表からだいぶ経ってしまっていますので、7月のTOEICの結果をまずさくっと発表します。

156回

今までず~っと440点台で停滞していたリーディングで、前回6月に大幅スコアアップし、「これは壁を越えたかも!」と喜んでいた矢先のこの凋落ぶり。もう悔しくて悔しくてたまりません。TOEICに限らず、こんなに悔しい思いをしているのは久しぶりです。

でも悔しがってもいられません。次に向けて頑張るだけです!次回受検はいつになるか全く未定です。色々予定通りに進めば今年の11月半ばに一時帰国するかもしれないので、そしたら11月のが受けられるのですが、もし今年の11月に帰ることだできなければ、早くても次の帰国は来年の冬。と言っても長くて12月の半ば~翌1月の半ばまでしか滞在できないのでTOEIC無いですよね(涙)そうなると2012年の夏までまたなければなりません。

とりあえず今年の11月に帰国すると仮定して、ここで満点を狙おうと思います。

とは言っても、今学期は卒論がありますし、GREも受けないといけませんし、大学院受験準備もあります。さらにボランティアに週1か2で参加することになってしまったので、長時間TOEIC勉強に割くことができません。なので効率よく、短時間で毎日できるものをやろうと考えました。

まずはリスニング。Lはここ最近4回連続で満点です。でもまぐれ当たりありの満点です。実力ではありません。時間はかけず、でも毎日できるものということで、原点回帰で1日15分のディクテーションをやることにします。教材は、去年とかおととしとかに日本に帰国した時に持って帰ってきたCNN EEが数冊、1度聞いただけで放置になってるので、これを使おうと思います。

次にリーディング。こっちが本当に問題です。「読解」に関しては、今学期卒論を書くので、大量の本・雑誌・ネット記事を読まないといけないので、これを卒論+Part7対策とさせて下さい。次に「語彙」。今GRE対策語彙本をやっていますが、この中の単語でTOEICに出るようなのはほんのわずか。なのでL対策に使ったCNN EEで語彙強化も図ろうと思います。「文法」は何冊か日本から持ってきたTOEIC本を、毎日少しずつやっていこうと思います。

とりあえず、今日はもう遅いので(只今深夜1時過ぎ)、明日からスタートとします。今日はすでにGREの単語4Units+DVDでドラマ2本+卒論の要旨書きをしております。これから洋書読んで寝ます。

洋書読みですが、日本から帰国後「Sleeping Naked is Green」を読んでいました。タイトル通りエコに関する本なんですが、著者のVanessaはジャーナリストで、1日1個ずつエコな事を増やしていって1年間生活するというブログをやっており、それをまとめた本です。「え、そんなささいなこと?」ってことから、「え~、冷蔵庫使わないの!?」みたいな大きいことまであり、面白かったです。環境ジャーナリストで通訳翻訳者の枝廣淳子さんが共訳されています。(こちら)著者が年齢が近い女性ということもあり、エコ本でありながら楽しく読めました。日記感覚なので、日常使える表現もごろごろ。途中でそのことに気づき、メモ取ろうかなと思ったんですが、卒論用の本読みを始めないといけなくなり、こっちはさっさと済まさなくてはならず、メモ取りはあきらめました。卒論が落ち着いたら英語の表現+エコのアイデア探しにもう一度読もうかなと思います。

そして今読んでいるのは、環境を志す人間必読の「The Omnivore's Dilemma」。「Sleeping...」に比べて内容が固いので読みずらい…でも頑張って読みます。

これからはもう少し頻繁に学習記録だけでも更新して、元の学習記録メモブログに戻して行こうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 【TOEIC】
ジャンル : 学問・文化・芸術

またまたTOEIC

気が付いたら、前回ブログ更新したの先月のTOEICの日でしたね。それから約1カ月、昨日またTOEIC受けてきました。

今回の会場は明治学院大学。私ここで受ける頻度が非常に高いです。連日の猛暑で体調崩す人が多かったんでしょうか、空席が目立ちました。

各パートの感想は(フォームは4GIC16)
<リスニング>
Part1:易
Part2:普通
Part3:難
Part4:やや難
<リーディング>
Part5:易
Part6:やや難
Part7:普通
という感じでした。

Part3と4はやはり何問か「やっちゃった~」というものがそれぞれいくつかありました。先読みがまだまだ甘いです。Part5は特に引っかけるようなものはなかったかな。素直な問題が多かった印象です。Part6は今回ちょっと難しめ?普通Part6ってさらっと読みつつ、空欄の前後だけしっかり読めばわかる問題が多いんですが、今回はちゃんと読まないといけないものがいくつかあったような気がします。でもしっかり読めばわかるので、「難しくて解けない」レベルではなかったです。Part7もじっくり読ませる系が多かったです。そういう傾向なんでしょうか。

それにしても、今回はPart6でいつもより時間がかかったのと、教室の右後方の男性の鼻をかむ音が気になったため、時間が2分しか余らず、後半かなり焦りました。まぁ、鼻をかむ音なんかに煩わされるようでは、私の英語力もまだまだですね。

今回の日本滞在は、期間が短く、派遣のお仕事が思わぬ延長をすることになり、そこに無理やり色々予定を組み込んだおかげで、余裕なくばたばたと時間が過ぎて行きました。明日でパッキングを終わらせ、あさって(28日)の夕方4時の便でネブラスカに帰ります。

来年の夏から大学院に行くとなると、色々手続きやVISAの関係で来年の夏には日本に帰って来れません。なので、11月半ばで秋学期が終わったら、また1度帰ってこようかなと考えています。と言っても、きちんと卒論を書きあげ、大学院入学までのお仕事を見つけないとアメリカを出国できないようなので、帰ったらすぐに動き出さなくてはいけません。(アメリカ留学にはOPTと言って、大学を卒業すると学生VISAのまま最長1年仕事ができるという制度があり、その制度を使って大学院入学までの時間を稼ごうと考えています)

勉強以外にもやらないといけないことが盛りだくさんです。(新しい車も買わなきゃ!)また忙しいサバイバル生活が始まりますが、一つ一つの経験を今しかできない貴重な経験と思って楽しんで来たいと思います。

ちなみに6月に受けたTOEICの結果が出ました。

155回TOEIC

奇跡的な3回連続リスニング満点。そして440点台で停滞していたリーディングが475点。今まで「目標は満点」と言うのはおこがましいと感じていましたが、ここまで来たら宣言します。

「いつか必ず 満点 を取ります!」

テーマ : 【TOEIC】
ジャンル : 学問・文化・芸術

TOEIC受けてきました

日本に帰国してから、気が付いたら10日以上経ってました。去年も帰国後体調崩したんですが、今年も軽く風邪を引いてしまいました。私、環境の変化に弱いのかしら?

とりあえず、帰国当日にAmazonさんからTOEIC本たちが届いていたので、無理をしない程度にぼちぼちやっていました。今回はリーディングを伸ばすのが目標だったので、イクフン本2冊(極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST〈Part7〉解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part5&6)を昨日までに半分ずつまでやりました。ものすごい問題量ですが、解説もきちんとしていて、やりがいのある対策本だと思います。7月のTOEICも一応受けるつもりでいるので(アメリカへの帰国直前なので、もしかしたら受けないかも)、この2冊と特急シリーズを7月のTOEICまでにじっくり取り組んで行こうと思います。

では、今日のTOEICの感想。フォームは4GIC12。会場は東京ビックサイト…レセプションホールに800人ほどの受検者が…ただちゃんとしたホールですので、音は全く問題なし。各列に担当の試験官がいて、配布・回収等の作業もスムーズでした。問題は全体的に、「難し~」と言う印象はなし。ただ、ところどころで「???」という問題が出てきた印象です。

PART1:普通。ただ2問ほど微妙~というのが…
PART2:易しい。特に引っかかった問題はなかったような。
PART3:普通。前半はかなり良い感じで進めましたが、後半で2つほど先読みが間に合わず(泣)
PART4:やや難しい。こちらも前半は良い感じでしたが、後半2つ先読みできず、焦って聞き逃したました(再び泣)
PART5:普通。イクフン本のおかげか、特に悩むこともなく、気が付いたら終わってました。
PART6:易しい。難しい語彙も、引っかけも特になかったような…
PART7:やや難しいというか、長い文章が多かったですね。表とかで読まずに解ける問題が1つしかなかった。solicitって正解ですよね?意味を知りませんでしたが、消去法でこれが残りました。

今回はRのスコアアップが目標だったので、帰国後Podcastでニュースを聞く以外は英語を耳にしてませんでした。そのおかげか先読みの失敗や、聞き逃しがあったので、今回はL満点は逃したかな~。ただ、Rは落ち着いてゆっくり解くことを念頭に置いて臨んだため、すべての問題に根拠を持って答えることができました。(その根拠が合っているかどうかは別ですが)ゆっくり解いたつもりでしたが、落ち着いて問題を進めることができたおかげか、それほど時間も消費しすぎることもなく、いつも通り10分弱残して終えることもできました。直観としては、いつもりは良いんじゃないかな~とは思いますが、こればかりは、結果を待つしかありませんので、次回の準備をしながら待ちたいと思います。

明日から7/7まで、土日を除いて単発の仕事が入りました。このため昼間の時間を自由に勉強に使えなくなりましたが、朝や仕事後の時間をうまく使って、TOEICの勉強に加え、GREの勉強や卒論の準備も少しずつ進めたいと思います。

そういえば、洋書読みですが、日本への帰国便でLeft to Tellを読み始めました。ルワンダのツチ族・フツ族の抗争については知っている方も多いと思いますが、この大虐殺を生き延びた女性の自伝なのですが、飛行機で読みながら泣きそうになってしまいました。本当に辛い状況を生き抜いて、さらに家族を殺した人間を赦す境地に至ったイマキュレーさん。「このままでは泣く!」と思ったので、飛行機では半分までしか読みませんでした。帰国後残りの半分を2日間で読み終わりました。後半は号泣。特に私はネブラスカで教会に行ったりバイブルスタディーに参加したりしていて、キリスト教の方々の考え方を少し知っているだけに、余計考えるところが多かったです。英語も平易で、難しい単語もあまり使われていませんので、興味のある方は読まれてみると良いと思います。ただ、電車やカフェでは読まない方が…確実に泣きます。

Left to Tellを読み終わり、かなり遅れているのですが今はHarry Potterの7巻目を読んでいます。この分厚い本をネブラスカに持ち帰りたくないので、日本にいる間に読み終わりたいのですが、本当に長くて…(607ページ、今95ページ)読み終わるかな…?

テーマ : 【TOEIC】
ジャンル : 学問・文化・芸術

夏休みも英語漬け

もう帰国まで1週間ないと言うのに、まったく準備が進んでません。そして、この夏休み中、どう英語と関わっていくか悩んでいます。

とりあえず、6/27にTOEICを受検するので、それまではTOEIC漬けになろうかな~と思うんですが、この短期間でいったいどの教材に手を出せばいいのか。いまさら模試本?それとも、分量的に少なそうな「特急シリーズ」?、それともがっつりイクフン本?

どなたか、直前&短期で効くアドバイスがありましたら教えて下さい!

狙いとしては、リスニングは2回連続で満点を取れているので、リーディングにしぼりたいと思っています。今までのアビメを見たところ(と言っても手元にデータがあるのは過去3回分ですが)、PART5と6よりもPART7の読解に力を入れた方がよさそうです(もちろんPART5と6もカバーしないといけませんが)。PART5に関しては、語彙よりも文法の方が弱いです。なんとしても今回950を突破し、できれば満点近くまでもっていきたいんです!

そしてTOEICに加えて英語全般としては、この夏休みはアウトプットに力を入れたいと思っています(日本に帰ってアウトプットていうのもなんですが)。秋から卒論に取り掛かります。かなりの量を書かなくてはいけません。プレゼンもしないといけません。ボランティアもしようと思ってるので、実践で話せなければまずいです。具体的な方法はまだ模索中ですが、TOEFLのスピーキングやライティングの問題集などの問題などを使って、自宅で一人スピーチとか(録音?)。アウトプットとは無関係ですが、サイエンス系の語彙や表現にも慣れたいので、サイエンス系雑誌(Scienific Americanとか。デジタルで購読してます。科学雑誌としての評判は低いですが、私のようなノンネイティブの学生には読み物としてちょうどよい)を空いてる時間に読もうかなと。科学系の単語はGRE対策にもなりますし。あ、GREの勉強もしなきゃいけませんね。やることいっぱいだ~!

とりあえず今日学校に行って教授に秋学期の卒論を担当してもらえるよう頼んできました。うちの大学のバイオ専攻の生徒は9割以上が医療系に進むので、卒論のトピックもほぼ全員何らかの病気について調べてまとめる子が多いです。教授に「私は環境学で大学院に行こうと思ってるから、病気について卒論は書きたくない」と言ったら、いくつか環境系のトピックの例を教えてくれました。さらに、話のついでに院の受験に必要な推薦状もお願いしようかな~と思っていたら、教授の方から、「推薦状書いてあげるから」と言ってくれました。この教授の授業は本当に難しくて、6個くらい彼女の授業取りましたが、全て本当にChallengingという感じでした。でももう一人の教授は、卒論に関しては結構ほったらかしで、彼女の方が生徒にInvolveしてくるので、彼女を選びました。日本にいる間も質問があったらメールしてきなさいと言ってくれたし、少しでも早く準備が始められるように、まずはじっくりトピックを考えたいと思います。

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

TOEIC Speaking/Writing 結果

8月9日に受けたTOEIC Speaking/Writingの結果がインターネットで発表されました。
こちらの日記に受けた時の感想と試験内容を簡単にまとめてあります。

6月半ばに日本に帰国してから公式ガイドを購入しましたが、通常のTOEICの受検もあり、すぐに手をつけ始めることはできませんでした。普段から音読練習はしているし、大学では英語を書いたりメールを打ったりする機会もあるし、話す機会もあるし、焦ってもOUTPUTスキルはすぐに伸びるものでもないし、、、と言い訳。でも準備はしないといけないと思い、試験のひと月ほど前から公式ガイドにパラパラと目を通し、直前の数日でサンプル問題を苦手なところだけ抜粋して解くという、なんとも準備不足なままで受検当日を迎えました。果たして結果は、、、(ちなみに満点はSWそれぞれ200点)























SW結果TOTAL

SW結果SPEAKING

SW結果WRITING


おお!かなり予想以上です。まさかWRITINGで190とは!!問題文の解釈を誤解した部分がありましたが、文章が書けているかどうかが重要で、あまりそういう部分は見ていないのかもしれませんね。満点までの10点分は、やはり語彙と文法ミスでしょうか。

スピーキングに関しても、あれだけあ~とかう~とかうなってた割に私的にはかなりの高得点で、正直びっくりです。時間内に十分な情報量をしゃべるためには、やはり語彙や文法に詰まってうなることなく、スムーズに言葉が出るようにすれば、スコアアップが望めるかなと思います。

正直、まさかこんな点数が取れるとは予想していなかったので、PCの画面上でスコアを見た瞬間は泣きそうなくらいうれしかったのと同時に、本当に自分のスコアか信じられませんでした。また次日本に帰国する時、都合が合えば受検したいと思っているので、その時はSWともに満点を目指します!そして、これが自分のスコアだ!と自信を持って言えるような努力をしたいと思います。

テーマ : 【TOEIC】
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Rico

Author:Rico
東京生まれ 女性
現在アメリカ ニューヨーク州在住

英語を勉強されている方、留学に興味のある方、
コメント頂けると嬉しいです♪
一緒に脱カタコトを目指しましょう!

<取得英語資格>
英検2級(高校生の時にとりました。古…)
商業英語検定Cクラス(2001年)
TOEFL iBT 73(2006年12月)
TOEFL PBT 603(2010年5月)
***ここ最近のTOEIC***
129回(07/3/25) L450 R425 T875
130回(07/5/27) L440 R420 T860
131回(07/6/24) L455 R440 T895
139回(08/6/29) L460 R445 T905
147回(09/6/28) L495 R445 T940
148回(09/7/26) L495 R440 T935
155回(10/6/27) L495 R475 T970
156回(10/7/25) L495 R460 T955
S/W(09/8/9) S170 W190
初受検は1998年で470点くらい
L/R & S/W ともに満点目指します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Tree-Arcive
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。